◇保育園の生活
◇済生会について
◇トップページ
◇お問い合わせ
◇お知らせ 2
◇お知らせ 1
『えんだより 4月号』
『きゅうしょくだより 4月号』
4月24日(水)
平成31年
砂に まみれちゃった?
社会福祉法人
enndayori2019-4.pdf へのリンク
恩賜 財団
済生会支部神奈川県済生会
kyuusyokudayori2019-4.pdf へのリンク
こうやって 描くとね
わかくさ保育園
1日を通して たっぷり 園庭で過ごす。  「せんせい、みて」と言って 幼虫を見せてくれる 幼児。  「ようちゅうの からだのよこには、 ぼつぼつが あるんだよ」 と言って、得意げだ。  友だちが 「みせて」と言うと 優しく「いいよ」と 返答する様子が 傍にいて 気持ちよい。  ひまわり男児は サッカーを楽しんだり  地面に描かれた円を使い 工夫しながら 遊んだ。  途中、雨が降り出し 急いで片付けを行う。  幼児の中には、 率先して マットを運んだり 跳び箱を 倉庫にしまう 手伝いをする子がいた。  室内では、 『子どもの日の集い』で 使用する チャンバラごっこの 剣を作る。  皆、夢中で作っている姿が 微笑ましかった。  遊びや活動の中で 異年齢のかかわりが 自然に生まれ とても よかったと思う。  子ども一人ひとりが 互いに刺激し合う 良い関係になれるよう  見守ったり 関わったり していきたい。  (幼児)
びわ もうすぐだね
いつも 見守ってくれる 仲間
~Hoiku Diary~
えんどうまめって こうだよ
だっこして~
園庭あそび中、 雨が 降り出したので 室内遊びに 切り替える。  すると、栄養士より えんどう豆の 皮むきについて 声がかかった。  早速、子どもたちに提案。 「やるーやるー!」 (予想通り 前向きな返答)  どんどん手洗いして 準備万端。 さあ、作業開始!  中から えんどう豆が出てくると 「とれたよーっ」と 嬉しそうに 教えてくれる。  全ての皮を むき終え 全員で 調理室に届けた。  その後、 えんどう豆の 製作を 楽しむ。 クレヨンや花紙を使い  かわいいえんどう豆が 完成した。  食育と遊びが うまくつながり とても よかった。          (もも:澁谷)
たっぷり砂をいれて・・
こうやって むくとね・・
くる くる くる・・・
あれっ?おかしいなあ
あーっ、びっくりした?
これ、だいすきなんだ
おやつを パクッ・・
パン アサリのクラムチャウダー わかめサラダ スイカ
こんなかんじかな
Today's lunch
Afternoon snack
ばあ・・おおきくなったね
ゆかりおむすび 麦茶